UD Day 15 アーキテクチャーの検討10(NW速度を測る)

最終的なデプロイメントモデルを検討する際の一つの材料とするためにNWの速度を測ります。具体的には、GCPのとあるリージョン内の同一Zoneもしくは異なるZoneのそれぞれのケースでNW速度の実測がどの程度異なるかを測ります。

前提: n1-standard-4 (4コアのもの)。OSはgcloud computeコマンドで作成されるデフォルトOS(Debian-9)を利用。同一内の場合、asia-northeast1-aを利用、異なるZone内で同1-aおよび同1-bを利用。
試行内容: 各ケースにおいて、サーバー側、クライアント側に分け、それぞれiperf3コマンドを実行する。

同一Zone内、異なるZone内での測定結果

Zoneをまたぐ場合に、約24%程度の劣化があることがわかります。このことは、DBサーバーとしてCassandra(ScyllaDB)を採用したことによって、重要となります。特にfull repairと呼ばれるノード間の整合性を修正するジョブを行う際に、非常に多くのI/O、NWトラフィックが発生するため、これをいかに早く終わらせるかという観点でNWのパフォーマンスが重要になります。
DBノードをマルチゾーンとする場合の性能劣化24%であり、これは少なくない数字なので、同一ゾーン内を選択しました。
以下は、実際の計測ログです。(続く)

同一Zone内の施行(サーバー)
同一Zone内の試行(クライアント)
異なるZone間の試行(サーバー)
異なるZone間の試行(クライアント)